校長 西村秀作

私共の、東新宿日本語学院は、日本の中心となる首都都庁が有り、緑豊かな樹木が茂る戸山公園を校舎前面に有して、近くには19大学が有り、卒業生の多くが進学している大学が有ります。又、学舎は、交通の便が良く地下鉄の東新宿駅より3分、JR山手線新大久保駅、大久保駅より15分と近いです。私共の学舎は、留学生が、日本の大学・大学院・専門学校の進学に不可欠なる日本語を修習させ、日本の文化教育の奥義を極め、学生生活を満喫してもらいながら、日本語能力(N1)試験及び日本留学生試験に合格第一とさせる教職員が対応する授業を主眼としております。当校は日本での大学・大学院・専門学校に進学出来る学力を培い、留学生の望みが満ちたりる価値のある授業を教職員が導きます。
教育理念
Communication 能力開発
1.
東新宿日本語学院は日本語をいち早く修得することを学習目的として、常に日本語でのCommunication能力を身に着ける教育を主たる理念としている。
1)
社会生活を営む人間の間に訴える各種のものを媒介する”知覚、感情、思考、伝達、言語、文学、視覚、聴覚”等を相手の意図を的確に受け止め、相手に的確につたける習慣教育。
2)
文化、慣習知識を得ることにより、相互理解と尊敬Communicationが出来る教育。
2.
技能修得教育
一般的教育は、読む、書く、聞く、話すの4技能教育であるが、東新宿日本語学院は”思考の原理に基づいた思考力発達を導く教育”を加えて技能修得教育。
3.
教室活動

教室活動は伝えたい内容を相手にどう表現すればよいかに重点を置いた授業。
1)
ピア・ラーニング手法を用いた協働学習
2)
プロジェクトワークスピーチコンテスト等により技能修得が身についたCommunication能力向上指導教育。

法務省認定在留許可申請取次認定校
東新宿日本語学院


〒160-0022
東京都新宿区新宿7丁目18番7号ウェストビル

電話
+81-3-5292-6355
FAX
+81-3-5292-6385

入学に関する問い合わせは
東新宿日本語学院 事業本部

〒160-0022
東京都新宿区大久保2丁目2番11号新宿太陽ビル4F

電話
+81-3-5291-6068
FAX
+81-3-6457-3976


海外直営姉妹校
東新宿日本語アカデミーセンター

Yangon-Myanmar

校舎全景